Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Search
Profile


Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
mobile
qrcode

RSS ATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


web拍手 by FC2

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
国民健康保険税について考えてみた【比較】
昨日の続きです。

全て平成21年度のものですが、全国ピックアップで
色々比較してみました。

所得金額と住民税額、どっちをベースにするかがバラバラなので
比較にならないか。。。

東京都府中市(2方式:所得金額ベース)
均等割 平等割 所得割 資産割
医療分 21,000円 - 4.1% -
後期高齢者支援分 5,400円 - 1.1% -
介護分 9,600円 - 1.3% -


東京都新宿区(2方式:住民税額ベース)
均等割 平等割 所得割 資産割
医療分 27,600円 - 0.68 -
後期高齢者支援分 9,600円 - 0.26 -
介護分 11,100円 - 0.16 -


北海道札幌市(3方式:所得金額ベース)
均等割 平等割 所得割 資産割
医療分 16,580円 27,310円 9.46% -
後期高齢者支援分 4,210円 6,930円 2.39% -
介護分 5,280円 6,560円 2.82% -


愛知県名古屋市(2方式:住民税額ベース)
均等割 平等割 所得割 資産割
医療分 39,604円 - 0.96 -
後期高齢者支援分 11,079円 - 0.27 -
介護分 10,526円 - 0.18 -
    

大阪府大阪市(3方式:所得金額ベース)
均等割 平等割 所得割 資産割
医療分 19,880円 34,464円 7.9% -
後期高齢者支援分 5,992円 10,387円 2.6% -
介護分 5,771円 7,191円 1.7% -


沖縄県那覇市(3方式:所得金額ベース)
均等割 平等割 所得割 資産割
医療分 18,200円 25,400円 9.7% -
後期高齢者支援分 3,300円 5,300円 1.59% -
介護分 7,700円 4,600円 1.56% -


★おまけ
東海地方某所(4方式:所得金額ベース)
均等割 平等割 所得割 資産割
医療分 19,000円 17,500円 5.2% 16%
後期高齢者支援分 5,000円 4,500円 1.3% 4%
介護分 6,000円 3,500円 1.2% 3%


※介護分は40歳から64歳の人のみ
※住民税額ベースの所得割:今年度の住民税合計額に税率を掛ける
※所得金額ベースの所得割:「所得合計金額 − 基礎控除(33万円)」に税率を掛ける
※均等割:一人当たりの金額なので、加入者数に金額を掛ける
※平等割:一世帯あたりの金額なので、表示されている金額を足す
※資産割:当該年度の固定資産税に税率を掛ける

==========
4方式ないな〜と思っていたら、主人の育った所が4方式でした。
でも、固定資産税払っていない人には関係ありませんね。

それにしても皆バラバラですね〜
上記に挙げた7箇所ですが、自分の住民税の納税通知書から
金額を出してみました。

高額な順に、下記のようになりました。
・北海道札幌市
・大阪府大阪市
・沖縄県那覇市
・愛知県名古屋市
・東海地方某所 ←参考にならないか。。。(笑)
・東京都新宿区
・東京都府中市

この狭い範囲で見ると、東京の保険料は安いですね。
でも家賃とかバカみたいに高いからね。。。

自分の所得から算出した金額を見てみると、以前住んだ事のある
新宿区なんて3万円以上も高いし、北海道、大阪、沖縄なんて
2倍以上の金額です。

会社の保険に入るなら気にしないところでしたが、
今回は勉強になりました。本当に合っているかは分かりませんが。

国保に入り続けるなら、引越しの際の参考にもなると思います。
払わなきゃいけないものだから、安い方がいいしね。

以上、備忘録でした。


web拍手 by FC2

posted by: *yuuka* | 確定申告・税金 | 21:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
国民健康保険税について考えてみた【算出】

国民健康保険税って、区市町村によって算出方法が違うって、
今回のことで初めて知りました。

「国民健康保険」でググると、「国民健康保険 計算」と関連キーワードが
出てきます。調べている方が多いようですね。

調べるなら、まずは自分の住んでいる地域の役所のHPを見ることですね。
算出方法はそこに書いてあります。

計算方法はなにやら面倒なのですが、国民健康保険は
「均等割額」「平等割額」「所得割額」「資産割額」の4つから構成されていて、
それぞれに「医療分」「後期高齢者支援金分」「介護分(40歳〜64歳の人のみ)」が
課せられます。で、その合計が一年間の保険料なんですね。

「均等割額」「平等割額」「所得割額」「資産割額」で構成されているものを4方式、
「均等割額」「平等割額」「所得割額」で構成されているものを3方式、
「均等割額」「所得割額」で構成されているものを2方式というそうです。

区市町村によって全然違いますので、人の金額を見ても
ちっとも参考になりませんね。

ちなみに私の住んでいる東京都府中市は、「所得割」「均等割」の2方式で、
私は「介護分」の支払いがありませんから、計算がラクです。

算出する際の基本となる金額については、これもまちまちで、
住民税の納税通知書に書かれている住民税額をベースにするところと、
所得金額をベースにするところがありますね。ちなみに所得金額は
源泉徴収票にも書かれています。(給与所得控除後の金額です)

何で色々なんでしょうね。どうやって徴収方法を
決定しているのか不思議です。

明日の日記へつづく。。。。。。⇒


web拍手 by FC2

posted by: *yuuka* | 確定申告・税金 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
サプリメントの選び方